生まれて初めて挫折したダイエットと成功したダイエット

私は若い頃は細身で、というか痩せすぎて困っているくらいでした。自分にはダイエットなんて縁がないものと思っていたくらいです。ところが35歳を過ぎたあたりからおなかがではじめ、気が付いたら友達の中では一番のぽっちゃりさんになってしまっていました。
「ダイエットしなくちゃ!」
私はついに決意しました。ダイエットをおおっぴらに口にするのが恥ずかしく、生まれて初めてのダイエットはこっそりと、誰にも悟られないように始めました。
軽めの糖質制限ダイエットで、白いご飯を減らしたり、ラーメンやパスタは食べないようにこころがけました。今までダイエットなどしたことがなかったのですぐ痩せるだろうと高をくくっていたのですが、なかなか体重は減りません。それどころが白いご飯が恋しくて恋しくてならず、ひどいストレスを感じました。そしてたったの二週間で挫折したのです。
ダイエットってこんなに厳しいものだったのか。挫折して初めて知りました。私はそのことを正直に友達に話しました。すると友達は
「じゃあいっしょにやろうよ。私もウォーキング始めようと思ってたし」
と言ってくれました。それから毎朝一緒にウォーキングをし、甘いものや白いご飯が食べたくなったら
「がまん、がまん!私もがまんするから!」
とLINEで励ましあったりしました。おかげでなんとか挫折せずに体重を落とすことができました。
ダイエットは厳しいもので、一人でやるより誰かと一緒にしたほうが持続しやすいものだと、体験を通して知りました。